海洋生物生産学コース(旧栽培漁業学科)

 

コースの紹介

国土の小さい我が国の食糧生産を支えるのは,広大な海洋で育まれる豊かな海洋生物資源です。
海洋生物生産学コースでは,水産魚介類の生態,生理,病理,その育まれる環境の保全,ならびに食品利用に関する 教育研究を行っています。
健康で安全な海洋生物資源を持続的に生産する体系を実現することで,世界の食糧問題の解決に貢献しようとしています。

 

教育・研究の特色

1.多様な観点から海洋生物生産を理解する

海洋生物資源の生産を,海洋全体のレベルから,はたまた魚介類や微生物の分子のレベルまで, 多様な観点から理解を深めるための,先端教育を受けることができます。

2.高度な専門知識・技術を実践的に習得する

本コースの教育カリキュラムは,多くの講義と実験・実習(例:魚の解剖についての実習風景)で 構成された非常に充実したものになっています。 この教育カリキュラムを通じて高度な専門知識と技術を実践的に身につけることができます。

3.全国屈指のフィールドが目の前に

農学部キャンパスからほど近くには,広大な土佐湾が広がっています。そこでは温暖な気候に育まれた海洋生物が 多数棲息しており,海洋生物生産に関する教育・研究を行う上で,唯一無二の最高の環境が整っているといえます。

4.国際的に評価されている研究内容

卒業論文の作成は,学生にとって大学教育研究の集大成です。卒業予定者は,本コースを構成する各研究室の中から 自身が所属する研究室を選択し,先駆的な研究論文テーマに関する実験に取り組みます。
論文の研究内容はいずれも実学的要素に富んだ,国際的にも評価されたものばかりであり,卒業論文の作成を通じて学生は, 問題点の「抽出」から「解決」に至る,社会でも要求される一連の研究プロセスを習得することができます。

 

構成分野(研究室)

 

在学生の声

 

お知らせ

高知大学物部キャンパス一日公開が11月3日10:00〜15:00に開催されます (昨年の一日公開の内容についてはこちら)。

高知大学農学部オープンキャンパスが8月5日09:00より開催されます。当日のスケジュール詳細はPDFファイルをご覧ください。