トップページ

いつ起こるか分からない地震は,多様な災害を引き起こすとともに,もっとも怖い自然現象の一つです。この分野では,地震による被害を限りなく小さくするために,地震の揺れ(地震動)に関する様々な事柄についての研究に取り組んでいます。例えば,地震観測・地盤調査とその分析,さらに,構造物等災害調査や地震動予測などを行います。また,地震によるものだけでなく,様々な災害事象の分析を予防や早期復旧へ繋げ,私たちの生活への影響を評価し,災害リスクの小さい環境つくりに貢献することを目指しています。最近では,これらを活用し,保育園や幼稚園での防災保育の手法や教材開発など防災・安全教育に関する研究活動に取り組んでもいます。安全で安心で快適な暮らしのお手伝いができればと考えております。

当研究室は,高知大学理工学部の発足時に誕生しました。できて1年ちょっとの研究室です。

topの写真は,いずれも震度7を記録した地域の写真(左:2016年熊本地震 益城町,右:2011年東北地方太平洋沖地震 栗原市)です。

ニュース&トピックス

  • 2018年8月1日 研究室のホームページを仮開設しました。