国立大学法人高知大学 農林海洋科学部 海洋資源科学科

教員紹介

海底資源環境学コースには現在6名の教員が在籍予定です。
研究分野の概要と,担当授業科目は下記のとおりです。

地質系

 役職    氏名      専門分野  リンク    
教授 村山雅史 専門分野
研究船に乗って、海底から有用な資源試料を採取し、海底鉱物資源の元素分布や形成メカニズム、海底堆積物との比較から当時の海底環境の復元など、地球規模の環境変化との関わりを調べています
研究室
(海洋コア)
担当授業
海洋地球科学概論、地球年代学、地球物質循環学、海底資源物性学、地球科学概論、地学基礎実験、海底資源分析実験(地学)、海底資源科学ゼミナール(地学)、海底資源学演習(地学)、科学コミュニケーション、卒業論文演習ⅠⅡ、卒業論文
准教授 西尾嘉朗 専門分野
海底等から採取されてきた試料に同位体地球化学の手法を適用して以下の調査研究を行っています。
1:熱水鉱床形成や地震発生の鍵となる水の地殻内循環システム
2:海底資源形成における地球表層環境循環の役割
研究室
担当授業
地学概論、海底資源岩石鉱物学、同位体地球化学、地学基礎実験、海底資源分析実験(地学)、海底資源科学ゼミナール(地学)、海底資源学演習(地学)、科学コミュニケーション、卒業論文演習ⅠⅡ、卒業論文
特任教授 臼井朗 専門分野
研究室
(理学部)
担当授業
海洋鉱物資源学概論、海底資源学、科学コミュニケーション

環境系

 役職    氏名      専門分野  リンク    
准教授 岡村慶 専門分野
海洋、特に海底面での流体挙動を観測する現場計測システム開発を進めています。主な開発項目は次の通りです。
1:海底熱水活動における熱水や間隙水の現場観測用センサ・サンプリングシステム開発
2:海水中の溶存無機成分の微小量分析法開発
研究室
(海洋コア)
担当授業
化学概論、水圏地球化学、海底地形処理、海洋情報化学、海洋物理学概論、流体力学、物理学基礎実験、海底資源分析実験(化学)、海底資源科学ゼミナール(化学)、海底資源演習(化学)、科学コミュニケーション、卒業論文演習ⅠⅡ、卒業論文
准教授 野口拓郎 専門分野
海底熱水活動によって
・どのような物質が
・どれだけ
・どのくらい時間をかけて
海底に放出されるのか、熱水鉱物として沈殿するのか。
"化学分析","現場観測機器開発","可視化技術","放射年代測定"を武器に研究をしています。
研究室
担当授業
現場化学計測、海洋環境アセスメント化学、物理学基礎実験、海底資源分析実験(地学)、海底資源科学ゼミナール(地学)、海底資源演習(地学)、科学コミュニケーション、卒業論文演習ⅠⅡ、卒業論文

化学系

 役職    氏名      専門分野  リンク    
准教授 上田忠治 専門分野
レアメタルを含む新しい物質の合成、化学的性質の解明および応用を目指して以下の研究を行っています。
・新規ポリオキソメタレート錯体の合成
・金属錯体の生成機構の解明
・新規ポリオキソメタレート錯体の化学的性質(主に電気化学的酸化還元挙動)の解明
・新規ポリオキソメタレート錯体の化学的性質を利用したセンサーの開発
研究室
(理学部)
担当授業
資源分析化学、資源物理化学、資源無機化学、資源物質化学、化学基礎実験、海底資源分析実験(化学)、海底資源科学ゼミナール(化学)、海底資源演習(化学)、科学コミュニケーション、卒業論文演習ⅠⅡ、卒業論文