MENU

高知大学 地盤防災学研究室

HOME リンク

地盤防災学研究室へようこそ

 我が国は世界有数の地震大国です.四国地域では今後30年間に70%以上の確率で南海トラフ地震が発生すると予測されており,揺れや液状化,斜面崩壊,津波に対する被害の軽減や地震後の早期復興対策は喫緊の課題です.特に,高知県は自然豊かな地域である反面,山間地の地質は脆弱で土砂崩れ等が頻発し,中~南部の堆積地盤は極めて脆弱で,大きな揺れや液状化の発生が懸念されます.加えて,海岸平野部で津波による長期間の浸水被害も想定されています.
  一方,都市部への人口集中や山間地域の高齢化が進む現在,既存の施設整備に留まらず,安価で効果的な対策方法の開発や被害が懸念される地域のリスク分析など,ハード・ソフトの両面からの対応が求められています. 地盤防災学研究室では,主として地震と地盤に関わる防災・減災対策を現地調査や室内実験などから検討しています.他大学,自治体,民間企業などとの共同研究を積極的に進め,持続可能で安心・安全な社会基盤づくりを目指しています.

PAGE TOP
PAGE TOP
Copyright, © 2015 - 2020 高知大学 地盤防災学研究室.All Rights Reserved.