Laboratory of Analytical Chemistry
Faculty of Education
Kochi University

高知大学 教育学部 分析化学研究室西脇研究室

大学院生募集中

 化学を用いた科学捜査に興味がある人、身近な物質・現象について科学捜査技術を応用した理科教材の開発に興味がある人、大歓迎です。気軽に問い合わせしてください。

修士卒業後の想定進路

 科学捜査研究所等の化学系技術・研究公務員、化学・薬学系企業の研究員、小・中・高の理科教員

ご挨拶

 当研究室は、社会の安全・安心に役立つ科学捜査技術の開発を目指す分析化学の研究室です。事件・事故が起こったとき、犯罪に使用された物質が現場や被害者に遺留されます。物質の持つ化学情報から、遺留された試料と元の物質とが同じものであることを明らかにすることができれば、犯罪を解明することができます。同じものであるかを客観的・科学的に解明することを「異同識別」と呼びます。当研究室では、科学捜査上重要である試料について異同識別する技術を開発しています。また、科学捜査技術を応用した理科教材の開発を行っています。
 研究を通じて、安全・安心な社会の実現に貢献していきます。
 以下の3つのテーマを中心に研究を行っています。

  1. 微細試料の放射光X線分析
  2. SERS(表面増強ラマン法)による現場薬物分析
  3. 科学捜査技術を用いた理科教育教材の開発

連絡先

〒780-8520 高知県高知市曙町2-5-1
高知大学教育学部分析化学研究室
西脇芳典
Telephone 088-844-8462
場所 高知大学教育学部3号棟3階
e-mail 

2-5-1 Akebono-cho, Kochi-shi, Kochi 780-8520 JAPAN
Laboratory of Analytical Chemistry, Faculty of Education, Kochi University
YOSHINORI NISHIWAKI
Telephone 088-844-8462
e-mail 

お知らせ

   test2
フランス リヨンで開催の科学捜査の国際学会8th European Academy of Forensic Science Conference (EAFS) で研究成果を発表します。 NEW
山口大学常盤キャンパスで開催の第78回分析化学討論会で研究成果を発表します。 NEW
PAGE TOP