藤原担当の講 義・演習・実験 (学内 向け)

 ふじわらのページ(TOP)に行く
181022 更新

教務情報システム(KULAS)へ 
学部学生用シラバス 
 

お知らせ:

集中講義とセミナーのお知らせ
(藤原が招待した人の分のみ)
(海洋生命・分子工学コースの全集中講義・セミナーのお知らせは,コースのホームページをご覧ください)
 
藤原がセミナーにお呼びした先生方のリスト(2004 年以降)が こちら のページにあります。

集中講義
『生命科学特論』(学部 2 年生以上対象),『海洋生命工学特論』(修士課程学生対象)

『比較発生学リレー講義』ポスターNEW
(1) 棘皮動物ウニの細胞分化と形態形成に関する種間比較
   講師: 高田 裕美 先生(愛媛大学理工学研究科)
(2) 脊椎動物の脳の起源と多様化
   講師: 村上 安則 先生(愛媛大学理工学研究科)
(3) 六脚類の分類と進化およびその比較発生学的研究
   講師: 福井 眞生子 先生(愛媛大学理工学研究科)

2017 年 10 月 26 日 終了しました
DC セミナー
化学生命理工学セミナー
海洋生命・分子工学セミナー

『100 年以上忘れられてきた動物の進化 〜二枚貝とワレカラの進化発生学〜』ポスター
 講師: 和田 洋 教授 (筑波大学・生命環境系・生物科学専攻)

2016 年 10 月 8 日 終了しました
DC セミナー
化学生命理工学セミナー
海洋生命・分子工学セミナー

『DNA シーケンシング技術の進歩と研究への応用』 ポスター
 講師: 神田 美幸 博士 (沖縄科学技術大学院大学,DNA シークエンシングセクション)

2016 年 7 月 26 日 終了しました



(181022) 『英語ゼミナール』(藤原担当)の宿題(2)の簡単な解説をアップロード
   しました( こちら )。復習してね。
(181022) 『基礎分子生物学』の第 4 章の質問への回答をアップロードしました( こちら )。
   次回の講義までに必ず読んできてください。
(181016) 『英語ゼミナール』(藤原担当)の宿題(1)の簡単な解説は こちら
(181015) 『基礎分子生物学』の第 3 章の質問への回答は こちら
(181009) 『英語ゼミナール』(藤原担当)の宿題(0)の簡単な解説は こちら
(181006) 『基礎分子生物学』の第 1 回の講義でもらった質問への回答は こちら
(150917)  [ 情報公開 ] 過去の授業アンケートの結果を公開しています( こちら )。


 
藤原担当授業への質問+回答,期末試験問題+解説,レポート 解説のページ 
 
授業アンケートの結果  
 

 
専門科目:


【 理工学部 (2017 年度以降入学)

基礎分子生物学理学部学生は 分子遺伝学
 (2 学期 金曜 2 限)


  * 講義資 料 (学内でしか閲覧できません) 

  * 2017 年度『基礎分子生物学』の第 5 週アンケートの結果 …とその分析(アクションプラン)
    2017 年度『基礎分子生物学』の第 15 週アンケートの結果 …とその分析

  * 2012 年度『分子遺伝学』の第 5 週アンケートの結果  


分子生物学 (1 学期 月曜 1 限)

  * 講義資料  …作成中ですが,使ってください…
  * この授業では Moodle を使います。

  * 2018 年度『分子生物学』の第 5 週アンケートの結果 …とその分析(アクションプラン)
    2018 年度『分子生物学』の第 15 週アンケートの結果とその分析  
   
化学生命理工学実験 II
 
(2 学期 木曜+金曜の 4+5 限 
共通教育棟基礎化学実験室

  * 2018 年度担当: 砂長,杉山,湯浅,山ア,越智,藤原
  * 講義資料  (藤原担当分の PowerPoint ファイルです) …作成中 …まだ完成していません


基礎生物 学実験 (1,2 学期 火曜 4+5 限 理工学部 1 号館 126 実験室)

  * 2018 年度担当: 生物科学科および化学生命理工学科の生物系教員
  * 藤原は 1 学期を担当します。
  * Web 資料はありません

 
【 理学部 (2016 年度以前入学)

細胞工学 (1 学期 月曜 2 限

  * 講義資料 (学内でしか閲覧できません)  
    講義資料をフォルダごと一括ダウンロードできます。

  * 2015 年度のアンケート結果:
    [ 1 限 ] 第 5 週アンケート → 第 15 週アンケート 
    [ 2 限 ] 第 5 週アンケート → 第 15 週アンケート  
 

海洋生命・分子工学実験
II
 (1 学期“前半” 木曜+金曜 4+5 限 理学部 1 号館 117 実験室)


  * 2018 年度担当: 藤原・砂長 (代表は藤原)
  * 実験の web テキストは学外からも見ることができます。

  * 2018 年度のテキスト
    第一部: 細胞工学 (砂長)
      * 細胞を扱う実験と抗体を利用した実験を行います。
    第二部: 遺伝子工学 (藤原) 
      * 分子生物学,遺伝子工学の実験です。
      * 蛍光タンパク質の遺伝子を交換して,大腸菌の色が変わるのを見てみましょう。

  * 2010 年度までのテキスト 
      * 遺伝子工学的実験法のページ   
        分子生物学,遺伝子工学の実験です。
        EGFP cDNA を pQE30 プラスミドに組み込んで発現 (年度によっては精製も)。

  * 2003 年度(生体機能物質工学実験 II)のテキスト 
      * 遺伝子工学的実験法 のページ
        部位特異的突然変異法を行いました。

  * 2002 年度以前(生体機能物質工学実験 II)のテキスト 
      * 遺伝子工学的実験法のページ 
        カリガネエガイの赤血球から RNA を抽出し,それを鋳型として RT-PCR を行い
        ヘモグロビン cDNA を PCR で増幅しました。さらに,その cDNA を pQE30
        プラスミドに組み込んで,リコンビナントタンパクを発現させて精製しました。


海洋生命・分子工学英語ゼミナール (2 学期 木曜 2 限

  * 2018 年度担当: 湯浅・市川・藤原 (代表は湯浅先生)

  * 藤原担当分の テキスト(論文題目)  (学外でも 閲覧できます)

  * 2014 年度のアンケートの結果  
 

海洋生命・分子工学課題演習 (2 学期 水曜 1+2 限)

  * 藤原担当します


海洋生命・分子工学演習 II (2 学期 月曜 1 限) 

  * 藤原担当分の 問題集 (細胞生物学・発生生物学)  
   (このページは学内でしか見ることができません)


海洋生命学実習
I
 (1 学期集中 海洋生物研究教育施設 1 階・学生実習室)


  * 担当: 藤原・砂長・湯浅・宇田 (代表は藤原)
  * 2018 年度は開講しません。
  * Web 資料はありません。
   
専門海洋生命・分子工学基礎実験
 
(2 学期後半 木曜+金曜の 4+5 限


  * 2017 年度限りで終了です。 
   → この科目を受講したい人は “理工学部” の『化学生命理工学実験 II』を受講してください。
  * 専門海洋生命・分子工学基礎実験の 講義資料  (藤原担当分の PowerPoint 資料です)


専門情報処理演習
 

   (課題のページは学外でも見ることができます)

  * 現在,藤原は担当していません。
  * 藤原担当分の過去のテキスト(旧名称: 専門コア情報処理演習)と課題は以下:
     * 資料と課題
       ( 課題 I課題 II
  


 
共通教育科目:


生物学概論
II
 

   (Web テキストは学内でしか見ることができません)

  * 2017 年度以降,藤原は担当しません。
  * 2016 年度までの講義資料は以下のページへ:
     * 講義資料 
 
  * 2014 年度のアンケート結果:
    第 5 週アンケート → 第 15 週アンケート  

  * 2007 年度だけ,藤原が 1 人で担当しました。
    〜2007 年度の 講 義資料
 

生物学概論 I 
   (Web テキストは学内でしか見ることができません)

  * 2008〜2009 年度のみ。
  * 講義資料は以下のページへ:
     * 講 義資料 

生物学入門 (2 学期 金曜 4 限)

  * 2018 年度担当: 生物科学科と化学生命理工学科の生物系教員
  * プリントを使います。 Web 資料はありません

大学基礎論 1 学期 水曜 1 限)

  * 藤原も担当します。 Web 資料はありません

学問基礎論 2 学期 水曜 1 限)

  * 藤原も担当します。 Web 資料はありません




理学部教職科目:




 ふじわらのページ(表紙)に戻る